大津第一農場

大津第一農場は、約3万5千㎡のゆったりとした敷地にAI(人工授精)センター、
母豚舎、離乳舎、妊娠豚舎、分娩舎など全26棟の建物があります。
約1,050頭の母豚から、毎週約500頭の豚の赤ちゃんが生まれます。
約30kg前後まで飼育した後、旭志牧場へ子豚を供給します。

 大津第一農場全景

所在地/熊本県菊池郡大津町矢護川綱迫3487-1  MAP
TEL 096-277-7271
FAX 096-277-7272
母豚数 1,050頭
農紹介場紹介ビデオはコチラ

【大津第一農場責任者】 前田農場長
大津第一農場の特徴は繁殖豚舎から離乳子豚舎まですべての豚舎で醗酵床が使われています。
特に子豚舎では広々とした部屋の中を子豚が自由に動き回り、のびのびと成長しています。
スタッフは、社員11名、パート2名の13名で日々の業務に当たっています。
若い人が多くいつも笑いの絶えない楽しい職場です。
環境にも気を使っていて、エントランスを花で飾ったりして養豚場と言うより、
ちょっとした喫茶店の雰囲気です。

ページのトップへ戻る

  • エントランス
  • 離乳子豚舎
  • 堆肥舎

ページのトップへ戻る