野菜環境部門

菜環境部門はH25年度から、キャベツ生産を中心に正式に立ち上げました。
セブンフーズの完熟豚糞堆肥を自社有効に利用するためです。

現在、8ヘクタールのキャベツと玉ねぎ、スイートコーンを少々年間300tのキャベツを冷凍食品メーカーに出荷予定です。
ときどき、収穫の時に地元のおくさまなどに御手伝いいただいています。
毎年力をつけて、 順調に計画通り出荷できています。

今後もおいしいキャベツをがんばって作っていきたいです。

川上班長(後列左側)を中心に、5名のスタッフで毎日収穫から栽培管理、がんばっています。

ページのトップへ戻る