私たちについて

養豚を始め50年、いま野菜生産の本格始動へ。

私たちの事業
養豚事業
養豚事業
養豚事業

3頭の豚から始まった「養豚事業」

昭和47年、セブンフーズの取組は3頭の豚から始まりました。
その後、平成4年にセブンフーズ株式会社を設立。それから10年後。セブンシステム式農場を稼働し、常時飼養頭数を1,000頭の規模に拡大しました。豚にとって快適な飼育管理(アニマルウェアの考え方)を実践し、ストレスの少ない環境で元気いっぱいに育った豚は、「肥後あそび豚」「未来豚とん」として全国の消費者に届けられています。

野菜生産事業
野菜生産事業

そして「野菜生産事業」も始動!

もう1つの事業の柱として「野菜生産事業」も展開していきます。野菜生産事業とは、養豚場の発酵床を堆肥化した完熟堆肥を活用し、自社の野菜畑で美味しい野菜を生産・出荷する事業です。主力のキャベツは30年度、年間1,500tを計画し、味の素㈱に納め、冷凍食品の餃子の原料として使われています。
 また野菜畑では、最新の大型農場機器を導入し業務の効率化を図り、社員の負担軽減に努めています。

野菜生産事業

2つの事業を実現する「資源循環型農場」

「養豚」と「野菜生産」の2つの事業。
この事業の柱を育てるため「資源循環型農場」を運営しています。
セブンフーズの農場は、独自に研究開発した発酵処理システムで特許を取得し、環境にやさしい農場です。
また「セブンフーズ食品リサイクルループ」を作り、有効な資源を余すことなく活用する農場の仕組み化を行っています。
例えば、液体飼料化工場では、食品工場から出る未利用資源を使った飼料作りを行っています。また、農場の発酵床から出される完熟たい肥は、昨年県知事賞を受賞し、多くの農家の方に喜ばれています。この堆肥を利用した野菜畑で作り出されるキャベツは年間300t以上を生産し、味の素のぎょうざに使われています。
今後も環境問題を大事にしながら事業の拡大を目指していきます。

セブンフーズ食品リサイクルループ

会社概要

事業内容 ◎養豚生産事業(繁殖・飼育)
◎野菜生産事業
設立 1992年9月 (創業1972年4月)
資本金 2,200万円
従業員数 84名 (2018年1月現在)
売上高 20億円 (2018年4月見込み)
代表者 代表取締役社長 前田 佳良子
事業所 ◎本部
熊本県菊池市旭志麓迎原2105

1.養豚事業
大津第一農場、旭志農場、大津第二農場、阿蘇農場、杉水農場、ひかり農場

2.飼料製造事業
旭志・セントラルキッチン、旭志農場、阿蘇キッチン

3.野菜生産事業
自社耕作地
飼育・出荷数 1.養豚事業
飼養頭数/25,000頭、年間出荷頭数/50,000頭

2.飼料製造事業
飼料生産リキッド/15,000t/年

3.野菜生産事業
キャベツ出荷/1,500t
主な取引先 (株)スターゼンミートグループ、日本フードパッカー(株)、南日本ハム(株)

沿 革

1970年 6月 養豚生産開始
1972年 4月 合志畜産を創業
1992年 9月 セブンフーズ(株)設立
2003年 1月 セブンシステム養豚農場稼働開始
2004年 7月 ブランド豚「くまもと未来村とん」出荷開始
2005年 9月 農業生産法人認定
2006年 2月 セブンシステム特許取得
2006年 6月 (株)セブンワークス分社化
2007年 2月 広域連携アグリビジネスモデル事業 農林水産省承認
2008年 1月 大津第一農場(繁殖)稼動
2008年11月 旭志農場(肥育)出荷開始
2008年12月 杉水農場リキッドシステム稼動
2010年10月 大津第二農場稼動(常時飼養頭数6,000頭)
2011年10月 阿蘇農場稼動(常時飼養養頭数6,000頭)
2015年  飼料米リキッドフィードコンソーシアム
2017年 くまもと未来志向型農業協議会設立
2018年 新飼料工場稼働