野菜生産事業

自社製の完熟堆肥を活用した
野菜生産事業が本格始動しました。

私たちは、平成25年に野菜生産事業を立ち上げ、
自社農場の完熟堆肥を活用し、
自社の野菜畑で野菜を生産・出荷する事業に取り組み始めました。
主力のキャベツ生産は本格始動し、平成30年度は年間1,000tの出荷を目指しています。
出荷先は、味の素冷凍食品(株)を含む大手食品メーカーとなっております。

野菜生産事業の主力:キャベツ

広大な野菜畑
東京ドーム約2個分の15ヘクタール

熊本県菊池平野に広がるセブンフーズの広大な野菜畑。
特徴的なのは、自家製の完熟堆肥を活用した土壌です。
ここで育てた野菜は、とても甘みがあり美味しく、食品メーカーに高い評価を頂いています。
早朝より収穫作業をはじめ、新鮮な、採りたてキャベツを自社便に積み込み、出荷しております。

早期から始める収穫風景
早朝より収穫を始めます。
大型農機器
大型農機器

最先端と大型化で合理化を図る農業

広大な土地の定植・収穫は、とても労力がかかるため、
私たちは、最新の農業機械を導入しています。

九州ではまだ珍しいキャベツの大型収穫機や、150馬力の大型トラクター、育苗のための自動ハウス管理システムなど、機械化や合理化に積極的に取り組んでいます。

  • 大型トラクター・収穫機

    導入することによって、作業効率の改善と社員の負担を軽減出来る様になりました。

    大型トラクター
    大型トラクター
    九州では珍しいキャベツ大型収穫機
    九州では珍しいキャベツ大型収穫機
  • 育苗の自動管理システム

    自動で管理出来る様になり、作業の省力化や、季節に合わせた管理ができます。

    育苗の自動管理システム
    育苗の自動管理システム
    自動給水器
    自動給水器

播種から収穫までの流れ

  • 播 種

    完熟堆肥入りの土壌に、種まきをします。

  • 育 苗

    播種して3日後に芽がでます。水やりや気温に一番気を遣う時期です。

  • 定 植

    播種して30日後に行います。害虫や病気に注意をして大切に育てます。

  • 収 穫

    定植後85日で収穫します。愛情込めて1つ1つを大事に送り出します。

社員と機械

野菜生産事業で完成する
セブンフーズ式食品リサイクルループ

野菜生産事業を始めたのには理由があります。
これまでは資源循環型農業として、未利用資源を活用し堆肥を作るまでの取組でした。
これまでのワンウェイからループに進化させました。

私たちが目指す農業は、持続可能な資源循環型農業です。
このため、完熟堆肥を活用し自社の畑で野菜を生産、食品工場の原料として納品することで、地域完結型の持続可能な循環ループを構築しました。

セブンフーズ式食品リサイクルループ
味の素冷凍食品

今では、このような取組を実現しています。
<味の素冷凍食品(株)との取組例>

  •  工場より排出される食品残さやキャベツの葉や芯を受入
  •  自社飼料化施設で、キャベツを飼料化
  •  キャベツ入り飼料で、豚を育てる
  •  豚の排泄物で、完熟堆肥を製造
  •  完熟堆肥を活用して自社の畑でキャベツを生産
  •  味の素冷凍食品(株)へ、餃子の原料としてキャベツを納品
キャベツのお取引について

キャベツのお取引について

キャベツ生産を年々拡大しております。
食品工場や大型飲食店にて、キャベツのお取引がございましたら
お気軽にお問い合わせください。